一般道で日本一長いトンネルの距離や場所は?

スポンサーリンク
道路 構造物

日本一長いトンネルは首都高速道路中央環状線のトンネルの一つ「山手トンネル」です。

有料道路はお金かけてでも利便性を高める目的で作りますから、当然、トンネルも必要に応じて「なが〜いトンネル」を作ることにもなると思います!

 

しかし、高速道路ではなく、無料で通行できる一般道ではどうなんでしょうか?

そこで、今回は無料で通行できる一般道の中で、日本一長いトンネルはどこにあり、どのぐらい長いのかを紹介します!

スポンサーリンク

日本一長い一般道のトンネルは寒風山トンネル

「寒風山トンネル」って言われても・・・

どこにあるのかピンとくる人はほとんどいないでしょう!!

 

さて、この寒風山トンネルがどこにあるのか見てみましょう。

場所はこちら!

 

場所は四国の高知県と愛媛県の間になります。

起点:高知県吾川郡いの町

終点:愛媛県西条市

 

寒風山トンネルの名前のとおり、寒風山の下を走っています。

 

道路は国道194号

 

トンネルの長さはトンネル前の表示にしっかり記載されています。

長さ5,432

(高知県側)

 

(愛媛県側)

 

開通したのは1999年(平成11年)4月17日です。

 

事業が始まったのは昭和53年(1978年)4月 です。

昭和56年(1981年)9月には愛媛県側で工事用道路の工事着手しています。

しかし、翌昭和57年(1982年)10月5日 に、 愛媛県側の工事用道路で大規模地すべり発生が発生しており、昭和61年(1986年)には ルートが変更された後、工事用道路の工事に着手されています。

 

完成までには数々の難工事があり、それらを克服して完成にこぎ着けたようで、この長大トンネルがあるのも当時の関係者の努力の賜物です!

 

ただし、この寒風山トンネルは長さが5,000mを超えているため、規制があります。

それは法令で定める危険物の一定量以上積載車は通行できないというもの。

 

ちなみにこちらは日本で一番長いトンネルについて

 

寒風山トンネルは一般道のトンネルなんですが、通行規制のあるトンネルなんですね。

そのため、そういう規制の無いトンネルで一般道で日本一長いトンネルはどこなのかを次に紹介します!

 

通行規制なし一般道の日本一長いトンネルはえりも黄金トンネル

「えりも黄金トンネル」もどこにあるのか検討も付きませんよね!

場所は北海道です。

 

国道336号のトンネルで長さは北海道で最も長い 4,941m

 

2011年(平成23年)2月2日に開通しています。

この道路は長さが5,000mを下回っているので、危険物の規制もうけません。

 

 

ただ、この道路は北海道で一番長いとありますが、規制を受けない無料の一般道にあるトンネルで一番長い・・という紹介はどこにもされていません・・。

 

日本で長いトンネル

日本で長いトンネルについては、国土交通省の下記の資料に紹介されています。

緑文字が長大トンネルで、青文字が水底・水際の道路になります。

長いトンネル

出典:国土交通省資料

 

こう見ると、関東地域では水底・水際の長大トンネルが多く、関西から九州にかけてはいわゆる長大トンネルが多く見られています。

まとめ

日本一長いトンネルで一般道のものは、高知県と愛媛県境に位置する、寒風山トンネルでした。

しかし、この寒風山トンネルは長さが5,000mをこす長大トンネルたのため、危険物の積載規制を受けるのですが、それを受けない最も長いトンネルで、かつ一般道路の無料で通行可能なトンネルは北海道のえりも黄金トンネルでした。

しかし、この黄金トンネルはそのような表記で紹介されることがなく、もしかしたら間違った認識をしている可能性もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました