1つの映画で登場するヒーローの数が「世界で一番多い」ものは

スポンサードリンク

小さい男の子たちが、誰でもきっと大好きなのが「スーパー戦隊シリーズ」です。

 

平成最後のスーパー戦隊シリーズになっている「騎士竜戦隊リュウソウジャー」で、なんと43作目となっています。

 

実はこのスーパー戦隊シリーズの中から、なんと世界一になっているものがあるんです!!

 

 

それは・・・・

 

1つの映画で登場するヒーローの数、世界一

 

なんです。

 

さて、一体、その映画とはどの映画なんでしょうか?

 

 

 

1つの映画で登場するヒーローの数が「世界で一番多い」ものは

スーパー戦隊シリーズの映画の中で、世界一になっているもの・・・。

 

 

それがこの映画

 

 

2011年6月11日に公開された「海賊戦隊ゴーカイジャー」の劇場版の作品です。

 

 

いや〜、ゴーカイジャーって懐かしい!!

 

見てました!!

 

 

 

ところで、この映画がなぜ世界一になったのか・・・というと、

 

この映画がですね

 

なんと

「スーパー戦隊35作記念並びに東映創立60周年記念作品」

という記念すべき作品だったから、相当な力が入った

 

ということのようです。

 

 

登場ヒーロー数はなんと199名!

そこで、この映画が世界一に認定されている理由となったのが、登場ヒーロー数です。

 

その数は 199名

 

 

この数が世界一となっているんです。

 

 

歴代スーパー戦隊35組から総勢199名の戦士が登場しています。

 

 

内訳を見ると、

 

・ゴーカイジャーから6人

 

・前作のゴセイジャーから6人

 

・ゴレンジャーからシンケンジャーまでが176人

 

・番外戦士が10人

 

・アカレッド

 

の計199名。

 

 

仮面ライダーシリーズの映画でも、過去のレジェンドライダーがたくさん出てくる映画があります。

 

しかし、戦隊モノのようにこんなに登場キャラが多い複数のチームじゃないんで、過去のキャラを出してもここまで多くなりません!

 

 

199人も出てきたら、正直、誰が誰だか正確に言える人は、日本でもかなり限られる、、、というか、相当なマニアな方じゃないとできないでしょうね!

 

 

 

この世界一のヒーロー映画の評価は?

この出演ヒーロー数で世界一になったこの映画は、一体どんな評価だったんでしょうか?

 

 

まず、この「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」ですが、スーパー戦隊シリーズの劇場版としては初の本格的な長編作品だったんです。

 

上映時間は歴代最長の80分

 

 

スーパー戦隊シリーズの映画では本当に長編です。

 

 

そして、その興行収入ですが、

wikiペディアによると、

 

・全国282スクリーンで公開

・2011年6月11〜12日の初日2日間で興収2億8861万400円

・動員24万9007人を記録

 

映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位を獲得

スポンサードリンク

 

という、スーパー戦隊ではなかなかの成績となっています。

 

 

 

この映画を見た方たちの感想は・・・

 

 

まさか泣くとは思わなかった・・・って

 

泣いた方多かったようです!!

評価高いです!!

 

まとめ

ということで、スーパー戦隊シリーズの映画の中で、登場するヒーローの数が世界一多い映画を紹介しました。

 

この「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」は、作品としても、泣かせるレベルの高いクオリティ?となっています。

 

まだ見ていない人も、この機会に見てみては?

 

 

 

スポンサードリンク